専門学校で保育士の資格を取るメリットやデメリット

保育士の専門学校には、文科省・厚労省指定校と併修校があります。
文科省・厚労省指定校は、指定校と呼ばれています。指定校を卒業すると保育士資格・幼稚園教論2種免許が取得出来るので良いです。

併修校は、文科省・厚労省の許可を得ていない学校です。

なので、通信制の短大を併修して保育士資格を取得しないといけません。
併修校は、時間やコストはかかりますが、卒業すると短大卒と同じ扱いになるメリットがあります。

通信制の短大のカリキュラムによって、社会福祉などの資格を取得出来る事もあります。

専門学校で気になるのが、メリットやデメリットの事でしょう。

保育士専門学校の最新情報を掲載しています。

一番のメリットは、卒業と同時に保育士の資格を取得出来る事です。
2年で資格を取得出来るのも良いです。


4年制大学よりも学費が安く、幼稚園教論2種免許や他の資格を取得出来る場合もあります。

YOMIURI ONLINEの情報はすぐに役立ちます。

デメリットは、2年という短期間で保育士の知識や技術を学ばないといけない事です。
とても大変で、忙しいでしょう。


通学制なので、主婦や社会人が通うのは難しいです。専門学校では、実践的な指導を受けられます。

卒業後に就職しても役立つ知識や技術を取得出来ます。

即戦力となる人を求めている現場からは、とても重宝されるでしょう。

学校によっては入学してすぐに実習をするところもあります。

具体的な勉強をしたい人にはオススメです。
ピアノやお遊戯などのレッスンが多いところや就職後のサポートがしっかりしているところなどがあるので、学校の特色は事前に調べておきましょう。